■ 担当している講義について

微生物学分野は,下記の講義と実習を担当しています.学内外の専門家の先生にお話いただくこともあります.

・全学
- 主題科目「分子生物学」

・医学部
- 主題科目「医学研究の勧め」
- 医学科1年 細胞生物学I
- 医学科2年 細胞生物学III
- 医学科2年 微生物学(講義と実習)
- 医学科 PBLチューター
- 医学科 研究室配属プログラム「細菌感染実験研究法(レジオネラの細胞内増殖アッセイ)」
- 医学科 研究室配属プログラム「骨代謝免疫研究法」
- 看護学科1年 微生物学

・大学院医科学修士課程
- 病因病態学概論
- 微生物学・免疫学特論
- 医科学研究法


 ・医学科研究室配属プログラムでは,2つの研究テーマを用意しています.

「細菌感染実験研究法(レジオネラの細胞内増殖アッセイ)」 ... 宮本菖蒲池 (2~4週間)
レジオネラはマクロファージに貪食されても殺菌されず,マクロファージ内で増殖して肺炎などをおこす細菌です.本プログラムでは,試験管内でレジオネラをマクロファージに感染させて,菌の増殖を調べる実験をおこないます.

「骨代謝免疫研究法」 ... 久木田 (2週間) ☆ この実習の内容が学内新聞「Mudskippers」で紹介されています.
破骨細胞は生体防御で重要なマクロファージと近縁の細胞で,炎症性の疾患や癌の研究とも深い関わりのある細胞です.本プログラムでは,細胞を培養し試験管の中で破骨細胞を形成する実験をおこないます.



トップ▲ このページ(教育)の先頭へ研究人員大学院生・研究生募集M教授のひとりごと